マカについての基礎知識

パワーの源として取り入れられてきたマカの基本情報の一つとして「マカとは一体何のこと?」をテーマに初めての方でも理解できるように説明します。

マカとは一体何のこと?

マカは、南米のペルー原産のアブラナ科の植物です。アンデス山脈の高地に随分昔から自生していた植物だそうで、形はカブのような形をしています。

アンデス山脈の海抜4000メートル以上の高地は空気が薄く、通常の人間ですと高山病にかかってしまいます。また、昼夜の寒暖差もとても激しく、生きていくうえではとても過酷な環境です。ですので、植物はほとんど育たないと言われています。

これほど厳しい環境でも、マカは生命を維持することが出来るくらいに、強い生命力を持ち、ミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいます。マカの根の部分は、ハーブとしても親しまれており、滋養強壮や疲労回復に高い効果があることから、昔から人々には親しまれている植物なのです。

マカが利用をされ始めてから

マカは、2000年前にはアンデス高地で人間の手によって栽培をされていたようです。さらにさかのぼると、インカ帝国時代は、貴重な栄養源として、特権階級の人だけが食べることを許されていたようです。

マカは、滋養強壮の効果があることから、戦に勝った兵士の褒美として与えられていたり、当時は貴重な財源でもあった家畜と取引をされていたこともあるようです。

アンデス地方では、マカはアンデス人参とも呼ばれているようで、現在はマカの持つパワーが世界的に知られてしまったことから、国外にマカそのものを持ち出すことが禁止となりました。

日本でのマカの取り扱いについて

日本でマカが知られるようになったのは、1997年頃と最近になってからなのです。ある企業が健康食品として採用をしたことから、マカの認知度が一気に上がっていったようです。それ以来は、マカの持つパワーが世の中にも認められ、現在はサプリメントの1つとして、たくさんのメーカーからマカの関連商品が販売されるようになりました。

2003年〜2006年にかけては、マカの輸出国世界第2位にもなったこともあります。ちなみにそのときの1位はアメリカでした。マカがどれだけ人気だったのかということが分かる結果ですよね。

ペルーには120社のマカ輸出商社があるのですが、そのうちの40社が日本と取引を行っています。

より手軽に取り入れる為渡り疲労回復のお勧めのマカサマカには女性に嬉しい効用プリメントをご紹介します。疲れ切った現代人も、マカできっと元気になれることでしょう。