マカの歴史を詳しく紹介

パワーの源として取り入れられてきたマカの基本情報の一つとして「マカが大昔から辿ってきた歴史」をテーマに初めての方でも理解できるように説明します。

マカが大昔から辿ってきた歴史

マカは、2000年前からアンデス高地で栽培を行われていた歴史の長いハーブなのです。日本でマカが知られるようになったのは最近ですが、ペルーでは昔から貴重な資源として重宝されてきたのです。

マカは、アメリカや日本以外にも各国に輸出をされており、ペルーの国家事業ともなっています。需要が高いことから、ペールでは現在はマカそのものを輸出することが禁止されており、粉末や加工品としてだけ輸出を行っているのです。

歴史あるマカの価値

マカは、チベット北東部の海抜3000メートルの高地にある野生の植物でした。それをチベット族がペルーに移住するときに持ち込んだようです。

マカは別名アンデス人参とも呼ばれており、リャマと取引が出来るくらいに高価なものなのです。

・マカの伝説
マカの効能は世界各国でいろいろな言い伝えがあります。スペインでは、ペルーを征服したとき、スペイン軍の馬が環境に馴染めずに死んでしまうという事態が起きてしまったそうです。そのときに、現地人の勧めでマカを食べさせたところ、馬が元気になって繁殖活動も盛んになったようです。そして結果的にインカ帝国を征服出来たという記録があるのです。

マカは、最近ではNASAの宇宙食としても採用されています。

より手軽に取り入れる為渡り疲労回復のお勧めのマカサマカには女性に嬉しい効用プリメントをご紹介します。疲れ切った現代人も、マカできっと元気になれることでしょう。